私がボイラーマンだ

3度の飯よりボイラー好き。ボイラーをこよなく愛する火力発電所勤務の変態ボイラーマンの日常を綴ったブログ

灰の詰まりトラブルが一番辛い

こんにちは。ボイラーマンです。

 

発電所の運転管理業務の大半は

「中央操作室でのんびり監視業務♪」

っていうのがデフォでそこが良い所なんですが、現場の設備でトラブルがあると当然そうも言っていられません。

 

設備トラブルの大半は

・燃料搬送系統の詰まり

もしくは

・灰の詰まり

が多く、その場合は当然現場で詰まり解消のために人力でつついたり掻き出したりするんですが、燃料の詰まりに関してはゴミでも使ってない限りそこまで苦にはなりません。

 

それに比べると、灰の詰まりに関しては燃料よりも過酷な作業となります。

 

なにしろ灰と言うのは燃料に比べて粒径が非常に細かいので、マスクをしていても防塵マスクのような物でない限り結構吸い込んでしまい鼻が真っ黒になります。

 

さらに作業着も保護メガネも何もかもが灰まみれになって、エアーで掃除しても全然取れません。

 

んもう嫌っ!!

 

個人的にトラブルで一番嫌な作業No.1。

 

なのに今トラブルで一番多いのはこの灰搬送系統の詰まりトラブルと言う・・・

 

詰まる原因である灰の性状をどうにかすべく、水分率の調整やヒータトレース導入、薬品投入案など色々試してますが中々根本的な解決には至っておりません。

 

もう管理職になったんだからこういう作業は平運転員に任せて自分はデスクワークでもやっていたいのが本音ではありますが、流石に転職したての自分が他の人差し置いてのんびりしてもいられないし、他の管理職達の相手や会議してるくらいならトラブル対応してる方が遥かにましなので、今はまだ我慢して灰まみれになってようと思います。