私がボイラーマンだ

サーフィン、クライミングそして何よりボイラーをこよなく愛する。そんな変態サーファークライマーボイラーマンの日常を綴ったブログ

ボイラーマンの今週のお題「ボイラーであった怖い話」

今週のお題「怖い話」

 

とある平日、いつも通り1人で中央操作室でボイラーの運転状況を監視しておりました。

 

目の前には2台のPCモニターと、4台の監視カメラが設置されています。

この監視カメラの内の1台は炉内の燃焼状況を監視しているため、普段はとても明るいオレンジ色の炎が映っています。

 

その日も私が監視中は問題なく燃焼し運転状況は良好でした。

暇を持て余した私は

(筋トレでもするかな)

とその場で腹筋ローラーを始めました。

 

腹筋ローラーをしている最中もたまにモニターはチェックしていたのですが、そこで私は違和感を感じました。

 

(・・・?なんか炉内いつもより暗くない?)

 

いつもは明るいオレンジ色の炉内が少し薄暗くなっていました。

炉内の温度を見ると、普段800℃程度ある温度が700℃以下になっていました。

まぁでも異常警報もなにも出ていないし、燃料の質が悪いとこういったこともたまにあるので大丈夫だろうと再び筋トレを再開したのです。

 

今思えばなんと愚かなことだったのでしょう。

この時の判断ミスによりとんでもないことになろうとはこの時思いもよりませんでした。

 

筋トレを終えた私は再びPCモニターの前に座り、監視を再開しました。

そこでとんでもないことに気が付きました。

 

・・・炉内が真っ暗!?

 

火が消えとる!!!!

 

筋トレを再開し終わるまでは僅か5分無い程度でした。

しかし、この5分の間でボイラーはまさかの失火状態に陥っていたのです。

 

しかも炉内温度がまだ警報設定値より上にあったため警報もならず気が付くのが遅れました。

 

大慌てで復旧操作を行おうとマウスを操作しようとするも、突然の出来事にパニックで腕が震えてうまく操作できない始末。

そしてそんなことやってると時すでに遅し。

ボイラー内温度は火を失ったことで瞬く間に低下し、ボイラーは異常停止となってしまいました。

 

原因は水分が多く質の悪い燃料が連続して投入されたことで一時的に炉内温度が低下し、そこに未燃分の燃料が堆積し失火に陥ったとのこと。

 

このトラブルは以前も発生し問題になったもので、先輩からも

燃料の問題だからどうしようもないトラブルだった。

と言われましたが、まさか腹筋を鍛えてる間にボイラー停止する羽目になるとは・・・

 

もうあんな怖い思いはこりだりだよぅ・・・(´;ω;`)

これからは絶対に監視業務を怠ったりしないよ!

と深く猛省したものです。

 

 

 

・・・そして時は立ち、はや8年。

 

 

 

 

そこには元気に筋トレグッズで体を鍛えるボイラーマンの姿があった。

マンスリー課題の作り方

ボルダリングジムに行くとよく目にするのが

 

マンスリー課題

 

普通ジムの課題というのはホールド替えするまで固定の所が多いんですが、このマンスリー課題は他の課題と違って、毎月課題が変わるのが特徴です。

 

おそらく常連さんを飽きさせない為のもので毎月スタッフやセッターの方が作っていると思うんですが、私のよく行くジムのように常連同士で作って遊ぶ所もあります。

 

私も良く参加して一緒に作るんですが、そこで頭を悩ますのが

 

どんな課題を作るのか?

 

最初の方はとにかく悪いホールドを選んだり、遠くの方のホールドを持たせたりといった感じに難易度の高い課題を作ろうしていたんですが、それだと課題をできる人が限られてしまい女性や比較的日の浅い常連の人が楽しめません。

 

なので最近は、そういった人たちも皆で一緒に楽しめる「簡単そうで意外と難しい。でもちゃんと頑張れば何とかできる課題」を考えるようにしています。

そもそも難しい課題は他のスタッフさんが作ってくれているし。

 

自分が作る課題のルールにしているのは

①スタートホールドはなるべく簡単なもの

スタートから変な物にするとやる気が失せるので。

 

②ゴールホールドも比較的持ち易いもの

これも同じで、最後はすっきり終わりたい。

 

③足は自由

実はけっこう珍しいらしいですが。

でも人によってはリーチや得意ムーブが違うので、人それぞれのそういった強みを生かすには足自由の方が良いかなと思ってます。

自分が思っていたムーブと全然違う、思いもよらないムーブで登っているのを見ると新しい驚きがありけっこうおもしろいです。

 

④距離感を常識的に

最初作ってた時にやりがちだったんですが、課題を難しくするために極端にホールドを離してみたり、やたら低い位置からスタートさせたり・・・

1個くらいならそういう課題があっても楽しいのですが、万人受けはやはりしないので距離はなるべく常識的な距離を心がけ、あくまでホールドの悪さや位置の悪さなどで課題を作るようにしています。

 

こんな感じで毎月1~2個の課題を作ってます。

うまく作れた課題を皆でわいわい登ってるのを見ると作り甲斐があります。

高圧ガス保安責任者の試験日発表

本日昼過ぎにようやく高圧ガス保安責任者関係の試験が公表されました。

 

www.khk.or.jp

 

てっきり今年はずれ込むかと思っていたのですが、試験日は例年通り11月8日の第一日曜日となりました。

 

 冷凍機械責任者については未だに2種か3種かで迷っていますが、11月に試験があるのであれば2種でも何とかなるかなぁという気持ちでいます。

 

 

今の資格モチベーションとしては

公害防止管理者ダイオキシン・・・80%

公害防止管理者水質1種・・・60%

電験3種・・・1%

 

もう電験はほぼ無勉強で、今はもっぱら公害防止管理者の勉強ばかりやっています。

というかもう電験は今年は受験しなくていいやくらいまでモチベーションが落ち込みました。

電力科目だけでもうお腹いっぱい。

 

ここはやはり今年中に公害防止管理者・冷凍機械・機械保全技能士を取得して来年に電験1本で集中できるようにしなければ多分一生やる気でないと思う。

 

となるとやはり冷凍機械は2種を受けとくべきなのか・・・?

 

 

機械保全技能士試験日決定

私が今年受験する予定の機械保全技能士第2回試験(特級、1級、2級)の試験日が公表されていました。

 

www.kikaihozenshi.jp

 

申請開始9月7日~10月2日(ネット申請)

特級、1級

2021年1月17日

2級

2020年12月20日

 

私が受験する予定なのは2級なので12月20日が試験日となるわけですね。

 

 

はい。公害防止管理者試験予備日とかぶった~

 7月3日の時点で予測済みで~す

 

doragonking.hatenablog.com

 

多分大丈夫だろうと思いつつ、申し込みはギリギリまで保留することとします。

 

まずは公害防止管理者試験を最優先に考え、機械保全技能士は最悪来年に回します。

 

冷凍機械責任者試験も8月初旬に試験日が公表されるとのことなので、そろそろだと思いますが

たのむから12月だけは絶対やめて

「電気主任技術者」と「電験」の違い

職場の電気主任者(仮称電気狂い)と雑談した時に出た話題なのですが、どうも電気主任技術者業界の中では「電験を取得している」と名乗って良い人と駄目な人がいるようです。

 

電気主任技術者免状を取得するのは

1、試験で合格する

2、実務経験で申請し取得

の2種類があります。 

 

 この時、2の経験で取得した場合はいわゆる「認定」扱いされます。

 

電験というのは元々、気主任技術者試の略なので、この認定で取得した人のことを電験取得者と呼ぶのを露骨に嫌がる人たちがいるらしいです。

 

電験は2種や1種ともなると、試験で取得するのはそれこそかなりの努力が必要になるわけで、この試験で取得出来た人たちからすれば経験だけで取得した人と一括りにされるのは我慢ならんのでしょう。気持ちはわからんでもない。

 

極端な例かもですが、電験2種取得後1種取得までに25年かかった人もいるみたいです

 

school.gifu-net.ed.jp


この人の前で

試験も認定も電験電験でしょ(笑)

って言ったらどうなるでしょう。殺されるかもしれません。

 

よって、

「自分電験持ってます♪」

と言ってよいのは試験に合格した人で、認定取得の人はあくまでも「電気主任技術者免状保持者」であり電験保持者ではないという訳ですね。

 

あと完全に主観ですが、こういった電気関係の人達はそうしたプライドが高いのか、2ちゃんの資格スレが良く荒れてます。

エネルギー管理士も私が取得して8年経っても未だに「熱」か「電気」かで不毛な争いをしてますし。

 

特級ボイラー技士スレの、ほのぼのっぷりを少しは見習ってほしい。

 

そしてうちの電気狂いは遂に1種の過去問に手を出し始めた模様。

松尾の式?だか何だか良く分からない日本人が生み出した電磁関係かなんかの法則について語ってました。(内容全く覚えてない)

 

意味わかんないし気味悪いけど是非とも取得を目指して頂きたいものです。

プラントで必要な資格の話⑪特定化学物質作業主任者~取得体験~

 

【概要】

細かく言うと特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者が正式名称ですが長すぎるので「特化物」と略されることが多いです。

 

昔は特化物とアルキル鉛はそれぞれ別分野で分かれていたそうですが、今は合併されています。

 

特定化学物質を取り扱う際にこの資格保有者の指揮・点検保守を管理する人を選任する必要があります。

 

【受講動機】

会社で使用する薬品に特定物質に該当するものがあったので。

 

基本的に会社から任命された人が優先的に取得してましたが、希望すれば他の運転員も取りに行って良いと言われたので、せっかくなので受講しました。

 

ちなみに我が発電所で使用する特定物質には

・排水のpH調整や純水装置再生用の「塩酸」

・冷却水の防食・防スケール剤となる「塩化水素」

・ボイラー水のpH調整用の水酸化アンモニウム

などの酸・アルカリ系薬品が該当します。

 

【科目と合格点】

1、健康障害及びその予防措置に関する知識
2、作業環境の改善方法に関する知識
3、保護具に関する知識
4、関係法令
5、修了試験

 

酸欠講習と一緒で学科講習最終日にちょっとした試験があり、各科目40%以上合計60%以上で合格となります。

この試験も講義中に講師の人が言った重要ポイントさえ暗記していれば十分受かります。

 

【受講体験】

受講日数は2日間。

酸欠と違って実技講習はなく、2日間ひたすら講義を聴くだけです。

 

酸欠の講義の時もそうでしたが1回あたりの休憩時間が5分しかなくトイレ争奪戦が始まるので、できれば10分くらいの余裕が欲しいものです。

 

講義中は暇なので、当時受験しようとしていた公害防止管理者の勉強をしていました。

 

最終日の試験は酸欠と同じく4者択一問題。

講義中の講師の重要ポイントさえ覚えておけば絶対に落ちることはない試験です。

 

1科目辺り5問~10問程度なので普通に5分で解き終わり、他の受講者をぶっちぎり教室を後にしました。

試験に合格していればその日のうちに修了証が発行されます。

 

【最後に】

技能講習なので基本的に受かる前提の試験ですが、それでも合格点に達していないと不合格になります。

 

前の職場ではこの講習に一度落ちてめっちゃ馬鹿にされていた人がいました(かなり年配の方でしたが)

 

あとさっきも書いたのですが、とにかく休憩時間が短いのでコーヒーやお茶の飲み過ぎは厳禁です。

 

クレーン玉掛技能講習リベンジ

今年3月半ばに会社予算でクレーン・玉掛技能講習に行けるでしたが、コロナの影響&会社の都合で中止されておりました。 

 

doragonking.hatenablog.com

 

doragonking.hatenablog.com


7月に入りこういった講習も再び行われるようになり、会社としてもコロナ対策をしていけば講習などの参加も認めてもらえるようになったので、再度申し込みを行ってもらいました。

 

直近の講習はすべて予約がいっぱいだったため、自分がいけるのは10月になりそうです。

が、現在またコロナ感染者数が激増している為もしかしてまた中止になるんじゃ・・・とヒヤヒヤしております。

 

ただでさえ国家試験の予定で10月以降忙しいのだから講習まで延期になるのは本当に勘弁してもらいたい。