私がボイラーマンだ

3度の飯よりボイラー好き。ボイラーをこよなく愛する火力発電所勤務の変態ボイラーマンの日常を綴ったブログ

住宅ローン完済しました!

こんにちは。ボイラーマンです。

 

タイトルにある通り、2017年2月に借りた利息込で約3,000万の住宅ローン。

 

なんと4月付けで完済いたしました!!

 

 

35年固定金利ローンを組んでいたのでもともとは2052年という遠い未来の話だったのですが、ずっとコツコツと繰り上げ返済をしていき2021年には半分以上払い終えることが出来ていました。

doragonking.hatenablog.com

 

 

このペースでも2027年前後には完済できる算段だったのですが、予想以上に貯蓄が出来たため去年9月時点で1年分の生活費を貯蓄したまま住宅ローンを完済すべきか悩んでおりました。

doragonking.hatenablog.com

 

その後半年の期間を得て転職したことによる退職金&収入アップで貯蓄もさらに増え、このペースなら完済しても貯蓄に余裕があるということで、思い切って先月銀行へ行って完済手続きしてきました。

 

完済手続きはどんなものか分からないので銀行印や手帳の他取り合えず実印とか色々準備して行ったのですが、結局いつもの繰り上げ返済と同じ手続きで行うことが出来ました。

 

この歳で一気に完済するということで銀行員の方からも

「凄いですねぇ。この年齢で完済する方は中々いませんよ!」

と言われました。えっへん!

 

その後せっかくローン完済したのなら、と銀行員の方から色々な投資話や講座を進められました。

正直興味はあるのですが基礎知識すらない自分が聞いても多分理解できないだろうし、まずは自分で色々勉強してから受けてみようと思います。

 

【完済後の手続き】

住宅ローンを完済したということで色々他の手続きがあるのかと思いきや、自分がやることは「抵当権抹消手続き」のみということでした。

※抵当権:住宅ローンなどでお金を借りた人が返済できなくなった場合に、債権者(銀行など)が担保とした土地や建物をもって弁済を受ける権利。

 

この抵当権を抹消しておかないと、万が一将来家を売却する際や改装などでローンを組む際に不利益なことがあるということで忘れず行っておく必要があるとのこと。

 

この手続きは自分でやる他に司法書士に代理で行ってもらうという選択肢もあり、自分でやるなら費用はかかりませんが色んな書類の準備や法務局とのやりとりを自分で行わなければなりません。

逆に司法書士に代理で行ってもらうと、当然費用は掛かりますがこういった面倒な手続きをすべて行ってくれます。

 

こういった「手続き」というイベントが死ぬほど嫌いなボイラーマンとしては、金出してでも変わりにやってもらった方がメリット大きいので司法書士にお願いしました。

 

住宅購入時にもこうした手続きを代理で行ってもらったのですが、その時に10万以上取られたので今回も結構掛かるかなぁと思いきや、抵当権の解消手続きはそこまで費用は掛からない・・・どころか何と総額でぴったり1万という良識価格でやってもらうことが出来ました。

 

 

ということで無事抵当権の抹消も完了し、今月から住宅ローン無しの生活を送っています。

 

巷では

「住宅ローンは控除受けてる間は返さない方が良い」

「何かあった時にチャラにできる(団信)から、残したまま貯蓄や投資に回した方が良い」

とか色々な意見があるのですが、今回実際完済できた身として言わしてもらうと

 

そんな損得関係なしに借金無いという解放感の方が勝る!!

 

今まで毎月払っていたローン分の生活費も浮くので5月のお小遣いは早速今までより倍増させてますし、仕事や家庭で不安なことがあっても

「ま、もうローン無いし何かあっても全然余裕♪」

と、ちょっとのことでは動じない精神でいられるようになりました(笑)

 

お金に余裕のある生活と言うのは本当精神的に楽で良いですね。

 

これでもう後はのんびりボイラー運転生活・・・

出来れば良いのですが今は管理職になってしまったし中々そうもいかないのが悲しい所。

 

今後子供が大きくなって妻がフルタイムで正社員やってくれるようになったらいっそ年収下がっても良いからまた転職してどっかの平運転員やるのもありかな・・・と割と本気で思っています。