私がボイラーマンだ

3度の飯よりボイラー好き。ボイラーをこよなく愛する火力発電所勤務の変態ボイラーマンの日常を綴ったブログ

盟友がまた一人、逝く

7月に電気主任を務めてきた私の同期が一人辞められたんですが

doragonking.hatenablog.com

 

今月でまた一人辞めることになりました・・・・

やっさん

保全課の電気システム担当で、長年我が社のセキュリティやシステム関係についての仕事を一手に引き受けていた方です。

 

スタッフとしては一番長い期間働いていた古参メンバー。

けっこう強面の高身長な人で、最初見た時の印象は

「こわっ。フランケンシュタインみたい」(失礼)

 

でも話すととっても気さくで優しい人で、上からどんな仕打ちを受けても言い返したり怒ったりしているのを見たことがないほど。

 

最初の頃はうまく働いていたんですが、優しい気質が仇となりパワハラ上層部にいい様にやられ過ぎて途中鬱病で休職してしまい、ようやく復帰してこれからもう一度頑張るゾ!

という時に別の企業からオファーが来たらしく無事?退職することになりました。

 

正直ずっと真夜中まで一人で残業してたり上層部にやられているのを見たり聞いてたりしてたので、むしろ

「なんでもっと早く辞めなかったん?」

と思ってましたし、鬱病なってるのにまた復職すると聞いて

「辞めへんのかい!大丈夫か・・・」

と心配してたので、退職が決まったと聞いた時は逆に安心しました。

 

 

辞める時にはわざわざ挨拶に来てくれたので、色々本音トークも聞けました。

 

私「ぶっちゃけ、やっぱ上層部が嫌でしたよね?」

やっさん「はい(笑)」

私「特に誰が?」

やっさん「社長と部長です(笑)」

私「(笑)」

 

次の職場はやっさんがやってみたかった業種で給料も少し上がるとのこと。

良かったね~

 

私含む古参メンバーはどうも上層部からは

新しい取り組みをしたがらないしすぐ歯向かう不良従業員

扱いされていて何かと目の敵にされている節があり、我が社では退職する方には花束やお酒などを渡す風習があるんですが

ここ数年で入社してきた新任管理職達は2年持たずして辞めるのにもかかわらず全員にちゃんと花束と酒を送るのに対し、最近辞めた長年勤めてきた運転員班長や散々使い倒してきた前任の電気主任、そしてこのやっさんには 

何一つ贈り物無し!

どうなってるんだこの仕打ち。

 

最近も上層部お得意の後出し新ルールが色々出てきて現場の縛りがきつくなりゲンナリしてます。

 

 

あーあ昔は楽しくていい職場だったのになぁ

と思う老害ボイラーマンなのであった。