私がボイラーマンだ

3度の飯よりボイラー好き。ボイラーをこよなく愛する火力発電所勤務の変態ボイラーマンの日常を綴ったブログ

日常生活が平和だとブログがつまらなくなるというジレンマ

ここ最近ボイラー・タービン主任技術者やら電験3種の記事ばっかりでなんか薄味だなぁと思っているボイラー同志の諸君。

 

 

すまねぇ・・・

 

 

だって最近はプライベートも会社も至って平和。

コロナの感染者が増加していることで会社の嫌いな行事であった「朝礼参加」がまた無くなってくれているおかげで事務所の上司連中と会うことも無くなってるし、設備的に大きなトラブルもないので記事に書くほどの愚痴がないんだ・・・

 

いや自分にとっては良いことなんですけどね。

 

ここ最近の大きな変化としては、前回記事にも書いた

①新入社員が2人増えたこと

②会社でリーダーとかいう謎役職が勝手に誕生したこと

くらいでしょうか。

 

私としては日々平穏に暮らせているので何にも問題無いんですが、唯一のデメリットが「ブログ記事に書くことが無くなる」という点。

 

ボイラー記事でも書いてろよって?

 

 

いやだって需要がないじゃん・・・

 

 

ボイラーについて知りたいならこんなにわかブログでなくもっと専門性の高い記事が腐るほどあるのでそっち見れば良いじゃない。

 

 

私もビルメンやってる人とか化学プラント勤務の人とかの日常ブログをよく読ませて貰っているのですが、個人的には専門的な記事よりかは

「今日はこんなトラブルがあって大変でした」とか

「うちの会社にこんな変な奴がいて、そいつがこんなことやらかして・・・」

とかいう会社での日常系の方が読んでて面白いんですよね。

 

私のブログもそういうの書きたい。

というか実際そういう記事の方が書いてても後で自分で読み返しても面白い。

 

このブログに求められてるのはもっとそういう記事だと思うんですね。

 

皆も好きでしょ?他人の不幸話。私は好きです。

 

そこまでは言わんでももっとボイラー、もとい発電所の内情についての日常話を書いていけたらいいなぁと思っているんですが、それを書くには私が何かしら不幸にならねばいけないというジレンマ・・・

 

 

私自身は第3者の立場にありながら他人に起こっているトラブルを記事に書く。

というのが一番の理想です♪(ドクズ)