私がボイラーマンだ

3度の飯よりボイラー好き。ボイラーをこよなく愛する火力発電所勤務の変態ボイラーマンの日常を綴ったブログ

ボイラー・タービン主任技術者取得への道リベンジ編②~修正依頼の日々~

前回担当と電話してまともそうな人だと安心し、早速実務経歴証明書をメールにて提出しました。

 

【修正1回目】

前回メールしてから約1か月。

特に何の音沙汰もなく

(送ったメールアドレス合ってたよね・・・)

と不安になりだした頃、ようやく担当の方より返信がきて一安心。

 

メールでは箇条書きで

「ここをこうやって変更してください」

「この文章はこのように書いてください」

と細かに指示がありました。

 

なんて優しいんだ・・・

 

以前の自分で言っていたことすら忘れていたり訳わからん修正依頼をしてきたクレイジー担当とは雲泥の差・・・!!まとも・・・!!

 

しかも文章の最後にはご丁寧に「不明点があればこちらの番号にご連絡下さい」の一文。

 

素晴らしい・・・!!

 

指摘された修正内容もすぐ直せるものばかりだった為、3日後には再度修正した書類を返信しました。

 

【修正2回目】

再提出した3日後、担当からまさかの返信メールが。

 

バカな・・・は、早過ぎる・・・!?

 

前担当は一度提出してから平気で1~2か月は掛かってたのになんだこの仕事の速さは!!

内容はまた「ここも直してね」ってものだったけど別に変な所を指摘されてることもなく。

 

メールだから楽だし返信も早いし修正依頼の内容もまともだし・・・

 

担当によってこんなにストレス変わるんだ・・・

 

今の担当は間違いなく当たりだと確信。

いや、前担当がおかし過ぎただけかもしれんが。

 

多分今回の修正も嫌いな前担当であれば

1回で全部言えやっ!ボケ!

って思ってたかもしれませんが、今回は全くそんなことは思いませんでした。

 

やっぱり「何を」言うかではなく「誰が」言うかってのは大事なことですね。

 

今回もすぐに修正し再提出。

 

【修正3回目】

修正も3回目。

ここまで来たらもはや取れるのは時間の問題!

 

と思っていたら担当から電話がかかってきて、まさかの展開に

 

担当「すみませんが、〇年から○年までの経歴に関しては実務経験としてはちょっと承認しかねます」

 

 

うそぉ・・・

 

 

私は入社当時、運転員でなく教育期間として日勤やってた時期があるんですが、この期間に関しては実務経験としては承認できないということでした。

 

しまった。馬鹿正直に書きすぎた。

どうせ誰も分からないんだから運転員としてやってたことにすれば良かった・・・

 

でももしバレたら経歴詐欺とまではいかなくても信用落ちるし仕方ない。

 

ということで、1種の申請に必要な年数ギリギリで提出していた私は実務経歴が足りないということでいったん保留となってしまったのでした。

 

前担当の時にはこの期間については突っ込まれなかったので担当によって変わるんでしょうね。

まぁ単純に待てば良いだけなので大人しく待つことしました。

 

【修正4回目】

教育期間の時期が否承認となっていたのでしばらく「待ち」の状態となっていた申請ですが、その期間もようやく終わったので申請再開となりました。

 

前回で書類の確認はほぼ終わっているので修正箇所は細かい誤字脱字の指摘のみとなり、今回でようやく実務経歴書の修正は無事に終了しました。

 

あとは本来であれば面談があるのですが現在はコロナの影響で行っていないため、電話でのリモート面談を実施するとのこと。

 

これに合格出来れば晴れて申請を出来ることになります。

 

次回、いよいよ最終面接!

果たして合格することはできるのか!?