私がボイラーマンだ

3度の飯よりボイラー好き。ボイラーをこよなく愛する変態ボイラーマンの日常を綴ったブログ

定検中にもある色んな事故

現在プラントが止まって定期点検が始まっているのですが、まぁ今年も何かとトラブってますね。

 

去年に引き続き、今の所長と部長になってからやたらと事故が増えてる気がする。

本人たちが悪い訳ではないのでしょうが、なんか定検の雰囲気もあまりよろしくなさそうだし、そういった悪い「気」のようなものが事故を呼び起こしているのかも・・・

 

◇今までに起こった事故、事件◇

・現場作業員がボイラー上部から落下

けっこうな高さから落下したらしく、骨折程度で済んだらしいが打ちどころによっては死んでる。

 

・下請業者が警察に捕まる

会社にいきなり警察がやってきて、とある業者の人を逮捕していった事件。

何をやらかしたかは知らないが噂では窃盗だったとか。

 

・エレベータ故障し中に業者が閉じ込められる

現場へ向かう途中の業者が使うエレベータが途中で故障したが復旧に時間が掛かり1時間ほど業者が中に閉じ込められた。

機械的に故障個所は無く、原因は中の人が大きく揺らすなどした時に起こる人的要因との結論だった。・・・どんだけ破天荒な業者が乗ったんだろうか?

 

・メンテのために取り出そうとしたチェーンコンベアが燃料タンク内に落下

タンクへ燃料を移送するコンベアをメンテナンスの為に取り出そうとした所、切り取ったコンベアがそのままタンクの中へ落下していった。

ちなみにこの事故

現在進行形で復旧は未定である。

 

 

運転中や起動停止の際はボイラー事故を起こさないよう注意しなければならないですが、どちらかと言うと止まってる時の方が事故が多いっていうね。

 

まだ人が死んでないだけマシですが、ハインリッヒの法則上そろそろもっとヤバめの事故が起こりそうな気がします。

 

ハインリッヒの法則とは?

1件の重大事故の下には29件の軽微な事故、その下には更に300件のヒヤリハットが存在しているというもの。

要するに小さな事故の積み重ねが最終的に大事故に繋がるから気を付けろヨって法則。

 

それでは今日も一日、ご安全に!!(安全とは言ってない)