私がボイラーマンだ

3度の飯よりボイラー好き。ボイラーをこよなく愛する火力発電所勤務の変態ボイラーマンの日常を綴ったブログ

鬱病になった親戚の後日談

f:id:doragonking:20220215220519j:plain

去年実家に帰省した際、地元の大手メーカーで電気主任をやっている私の親戚(父の姉の息子)通称カズ君が鬱病になっているという話を母からされました。

doragonking.hatenablog.com

先日また実家に帰ってその後日談を聞いたんですが、結局カズ君はそのまま退職することになったらしいです。

 

会社は時短勤務や部署変更とか色々条件を出してくれたようですが、カズ君を溺愛する母(父の姉)がブチ切れており

母「鬱の原因のお局を辞めさせなければ復帰できん!」

会社「それはできない。できるだけ関わらせないよう尽力する」

の両者平行線で結局辞めることになったそうです。母、強い。

 

でも会社もやばいとは思いますが、鬱病とはいえ母親に出張ってもらう40代おじさんっていうのもどうなんだろうね。

 

 

それにしても、私が転職してからというもの鬱病になる人を見る機会が一気に増えました。

前職もまぁまぁブラックで、辞める人は一杯いましたが鬱病になる人はいなかったのでちょっとカルチャーショック。

 

鬱病になる人と言うとけっこう性格面の問題を想像すると思いますし、私もそうでした。

例えば「神経質」「真面目」「責任感強い」みたいなね。

 

f:id:doragonking:20220210103904p:plain

この画像で言うと上のタイプみたいなね。

私もけっこうまじめすぎる所があるので注意したいですね♪(鼻ホジー

 

 

あながち間違ってはいないと思いますが、私の見てきた人の中にはゴリゴリの体育会系みたいなどうみてもこのタイプでない人も鬱病になってます。

 

 

この人達に共通する点と言えば

・直近にパワハラ気質の人がいる

・職務的に同じ事務所内で逃げ場がない

・大半が役職持ち

という所でしょうか。

 

私の前職は労働環境は悪いとか社長はパワハラ気質はありましたが、そもそも社長はいつも社長室に踏ん反り返っていて普段は事務所にいなかったし、労働環境は悪かったですが同じ職場の人たちも同じ条件で皆働いてたし、直属の上司はどこの部署もちゃんと仕事できる有能な人が長年管理職だったし、仮に職場に合わなかった場合でも広い工場だったので最悪部署変更で逃げることも出来たので閉鎖感はありませんでした。

 

こういった環境だったせいか、色々と不満はあれど精神的な苦痛はそこまでなかったです。あと新卒で他の会社を知らなかったというのも大きいと思います。(おかしいなと思いつつ社会ってこんなもんかもって思ってた)

 

逆に今の職場はとにかく管理職が続かないせいで次から次へ新しい人が来るのですが、ろくに発電所を知らない人も普通にいきなり管理職になって好き放題言ったり、大手会社一筋でそこの考えに染まり切り、考えを一切変える気のない頑固な人や逆に数年契約で定年だから全くやる気のない人とかが管理職をやってるせいでとにかく下の人間が苦労しています。

 

私たちのような運転員はそんなイカれた上司が来ても交代勤務な上に事務所も別々なので、パワハラじみたことも間接的にくることはあっても直接的な被害は無いため運転員側で鬱になる人はおりません。

 

 

しかし事務所のスタッフともなると、そういった人たちと一日中同じ事務所内で仕事しなければならないし、仮に嫌になっても部署はそこしかないので逃げることも出来ないという圧迫感があります。

 

よって多分ですが、上司のパワハラや嫌がらせなんかのある職場、かつ逃げ場の無い環境になると割とどんな性格の人でも十分人を鬱にさせる原因となると思います。

 

そもそもそんな環境だったら私も間違いなく鬱になる。

というかその前に速攻辞める。

あぁそう考えてみると鬱になる人の多くは40・50代の管理職の人が多かったので、家庭もあるし年齢的にもすぐ他の会社に転職することができないというのも更に逃げ場を無くして鬱にさせやすい環境だったのかもしれません。

 

しかしそれで精神やられてしまったらもっと悲惨なことになるので、もしやばそうだと思ったらもう周りのこと考えずに全てを投げ出す覚悟でわが身を優先してほしいですね。

 

取りあえずカズ君に幸あれ!!