私がボイラーマンだ

3度の飯よりボイラー好き。ボイラーをこよなく愛する火力発電所勤務の変態ボイラーマンの日常を綴ったブログ

東は電力不足、西は電力過多

22日に東北や関東地方の電力需要が供給を上回ると予想されたため、昨日の時点で経済産業省から初めての電力需給ひっ迫警報」が発令されましたね。

www3.nhk.or.jp

 

3月16日の地震東京電力の火力発電所が物理的に停止してから未だ復旧していない関係と最近の冬並みの気温低下が重なった関係で、発電所が復旧しない限りは恐らく今後も需要が供給を上回る傾向が続くと予想されており、大手電力各所から融通してもらうとのことです。

 

そんな中で我が発電所は今年初めて電力会社から「出力抑制要請」を受けました。

こちらのエリアでは現在、電力会社の電源抑制制御や連係線活用等の対策を行っても需要に対して電気の供給が過剰になることが予想されており、各発電事業者にこういった出力を下げた運転をするよう依頼されています。

 

抑制が必要なくらい余っているなら電力が足りない関東地方に送ってあげられればいいんですけどね。

物資と違って電気は

「余ってる分は保存しておいて足りない所にすぐ送ってあげる」

とはいかないのが歯痒いですね。

 

今回の要請により、我が社は予め取り決めされていた出力に所定の時間下げて運転することになります。

ちなみにこういった出力抑制の対象となる発電所には優先順位があり、「風力」「太陽光」といった自然エネルギーを使った発電所は優先順位が低く、石炭を使用した火力発電所が最も優先的にこの出力抑制の対象とされてしまいます。

 

石炭火力発電というのは火力発電の中でも発電コスト、燃料の保存・調達の融通性、燃料価格などから見ても非常に優秀なベース電源なんですが、「CO2排出量が多い」という欠点のせいで何かと割りを食う機会が多いのが残念です。

 

ボイラーマンとしては固体燃料を使用した発電所は一番運転しがいがあるので好きなんですが、時代がそれを許してくれない模様。

 

やはり自家発電所が最も安定して働けるのかもしれません。