私がボイラーマンだ

3度の飯よりボイラー好き。ボイラーをこよなく愛する変態ボイラーマンの日常を綴ったブログ

【ボイラートラブル】炉内水管破孔トラブル復旧時の意外な注意点

少し前に他社の発電所にて水管破孔トラブルが発生し、数日間のプラント停止を余儀なくされました。

doragonking.hatenablog.com

 

聞いた噂では復旧を相当急いでいたらしく、メーカーの検討を待たずにすぐに補修→ボイラー点火して再起動を行おうとしたそうです。

 

・・・が、補修して起動操作を行った所、再度炉内の砂が水によって固着し流動不足に陥ったことでプラント停止という2次トラブルが発生したとのこと。

 

ここで問題となったのは復旧した際になぜ、どこから水が入り込んでいたかという点。

水管は当然補修済み。では他の個所から再度破孔した?しかし点検しても水管には問題無し。

 

ここで再調査を行ったときに明らかとなったのが

水管破孔で炉内に水が溜まった際、炉内に入る燃焼用空気配管に水が逆流して入り込んでいた

ということ。

復旧作業時もこの空気配管は点検していなかったため、この配管に水が溜まったままで通風系統を起動してしまったことで炉内に再度水が混入してしまったということでした。

図で説明するとこんな感じ。

f:id:doragonking:20220226183623j:plain

実は我が社でも似たようなトラブルは発生したことがあり、その時は燃料供給系統のコンベア内に雨水が入り込んだままで起動操作をしたことで似たような事態になりました。

 

結局このプラントは2度目の砂抜きを行い現在は復旧していますが、思わぬタイムロスとなってしまいました。

 

このように、復旧を急ぎ過ぎて検討を省くと、見かけ上問題なくても思わぬところで不具合が起きたりするものです。

もし流動層ボイラーで働いている方で水管破孔トラブルがあった際は、今回の事象も含めて復旧時の水の混入には細心の注意を払ってくださいね。