私がボイラーマンだ

3度の飯よりボイラー好き。ボイラーをこよなく愛する変態ボイラーマンの日常を綴ったブログ

まさかクライミングの知識が電験に生きる時が来るとは・・・

電験の理論では電気に関する様々な効果を勉強しました。

 

ゼーベック効果、ペルチェ効果、ピエゾ効果、ホール効果、ピンチ効果、表皮効果等々・・・

 

どの効果も名前との関連性が薄いうえに効果自体もややこしく覚えづらい。

 

ゼーベック効果とペルチェ効果に関してはエネルギー管理士や公害防止管理者大気で勉強したし表皮効果に関しては機械科目でも出題されていたのでまだ大丈夫なんですが、ピエゾ・ホール・ピンチ効果が中々覚えられませんでした。

 

ピエゾ効果・・・結晶体に外部から圧力を加えると電圧を生じる現象

原理自体は分かりやすいけどピエゾってなんやねん。素直に圧電効果といってほしい。

 

ホール効果・・・電流が流れている導体に直角に磁界を加えるとどちらの向きのも直角な向きに起電力が生じる現象

ちょっと何言ってるかわかんない。ホールっていうくらいだから穴が開くとかそういう現象かと思ってしまうけど全然違うし。

 

ピンチ効果・・・液体状の金属導体に電流が流れると電流によってできる磁界により導体の一部が絞られるようにくびれが生じる現象。

ちょっと何言ってるかわかんない(part2)。なにがピンチだというんだ。

そもそもピンチってなんや。クライミングくらいでしか聞いたことないわそんな用語。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・いやクライミングで聞いたことあるわその用語!!

 

・クライミング用語のピンチ

climbing-life.com

細長いホールドをつまむように持つことを「ピンチ」というのですが、ようは電気のピンチ効果というのも同じ意味だということですね多分。

 

原理はよくわからないけど、とにかく液状導体に電流が流れるとクライミングでピンチ持ちでつまんだ時のように一部が絞られる現象ってことね?

 

うん。よく分かった!(分かってない)

 

趣味のクライミングの知識がこんな所で役に立つ日が来るとは・・・

関連が全くない分野なのに意外な所で繋がりました。

多分他にも、自分が知らないだけで意外な関連性を持った分野がいっぱいあるんだろうなぁ。