私がボイラーマンだ

3度の飯よりボイラー好き。ボイラーをこよなく愛する変態ボイラーマンの日常を綴ったブログ

私がボイラーマンになった訳

いやそもそもボイラーマンって何?

 

ボイラー・・・ガスや油、石炭なんかを燃やして水を熱して蒸気に変える設備。

マン・・・男。

 

つまり私は水を蒸気に変える設備を動かしてる男という訳です。

 

えっ?意味わかんないし、くそつまらなそうって?

しばくぞ。

 

すみません。

でもこのボイラーというのは知れば知るほど奥が深いんです。

 

かくゆう私も、とある工場に入社してたまたまこのボイラー課という所に配属されるまでは、ボイラーのことなんてさっぱり知りませんでした。

 

でも勉強して色々なことがわかってくる内にどんどんボイラーの魅力に嵌まり、気付いたら自他ともに認める立派なボイラーマンになっていました。

 

私が今働いているのは石炭や木屑・重油なんかを燃やして発生した蒸気を使って発電する、いわゆる火力発電所という所です。

 

この発電所に限らずみなさんが知っているような工場というのはひとたび事故があった際とても危険なことになる為、そうならないようボイラーの圧力や温度なんかを監視や調整したりするのが私のようなボイラーマンという訳です。

 

どうでしょうか?

ボイラーマンってやりがいあるし面白そうだと思いませんか?

 

えッ?思わない?

しばくぞ。

 

誠に申し訳ありません。

ボイラーの事になるとつい熱くなってしまうんです。

職場の人にも「君頭おかしい」

って言われてます。

 

今後もそんな仕事に関してや、それ以外のことなんかも更新していければと思います。